border

画像を音声ファイルに変換する

  • グラフィカルに「描かれた」ものを音に変換する方法です。
    クセナキスの作品に、UPICを使った「Mycenae Alpha」などがあります。

    以前、UPICのようなソフトはないかと探していて、音声をスペクトログラム表示するソフトのなかに、変換処理を逆に行い画像を音声化できるものがあって、それを使ってみました。

    使ってみたのは、こちらのページにリンクがある "The Analysis & Resynthesis Sound Spectrograph" というソフト。

    元々が解析用ソフトなので自由度は少ないですが、次のような大きさの画像を音声に変換できます。

     縦幅:115 pixel(音高)
     横幅:pixel / 150 = 秒 (sec)

    縦幅は音の高さで 115pixel に固定されます。横幅は時間で、横が 640pixel の画像なら 4.267秒の音声に。1500pixel なら 10秒の音声になります。

    例えば下は、縦 115pixel、横 1500pixel の画像です。
    スペクトログラム画像

    これを音声化すると、こんな感じに。SFX的というか(ステレオ化しています。元々はモノラル)。



    また、こちらは文字と絵を音声化したもの。

    聴いた限り、ただのノイズですが、最初が文字画像(上段左)、その後に絵(上段右)を変換したものが鳴っています。
    この音の波形をスペクトログラムで再表示させると、下段の画像が現れることに。
    そういう情報を含んでいるため、無意味なノイズじゃなく、意味のあるノイズというのか。

    (2020年9月23日)

border

音楽の創作に関する


創作メモ