border

Discography

Butterfly Mode

    Single 2曲

  • 01 Butterfly Mode 7:10
    02 Ambiguity 4:00






  • Butterfly Mode

Butterfly Mode

  • 昆虫は、複眼、単眼、触覚、4枚の羽根、6本の足などを持っていて、様々な環境に適応している。一生のサイクルが早く、数も多い。コンパクトに機能化する方向に進化したのが昆虫だとすれば、それとよく似ているのが携帯電話。昨今の携帯(スマホ)は、電話の他に、メール、ネット、ゲーム、フォト、音楽、など多様な機能が小さなボディーに集ってモード化されている。「Butterfly Mode」は、昆虫的=携帯的音楽で、つぎの5つのモードからなる。

    •  Mode1. 飛翔 (imago)
       Mode2. 産卵 (eggs)
       Mode3. 脱皮 (caterpillar)
       Mode4. 眠 (pupa)
       Mode5. 羽化 (emergence)
  • [飛翔]はフルート系の楽器を使った旋法 [C, Db, (Eb), F, F#, Bb, B, C] を基にしています。着信メロディが鳴り、野原での[産卵]。生まれた幼虫は、小さな幼虫から、大きな幼虫(キャタピラー)へと[脱皮]する。モンタージュ的なフラッシュバックのあと、形態変化(メタモルフォーゼ)して蛹へと。[眠]りの期間、歌が聴こえたあと、変化は目覚めの直前まで。モードが変わり、[羽化]の知らせ。ノイズ・スクリーンと「かんたんセリエル」による。「5つのモード」のトータルタイムは7分10秒。

    • (注)この曲で「モード」というのは、携帯(スマホ)などで「かんたんモード」とかいう場合のモードと、旋法的なものの意味合いと、両方かけて使ってます。

    • 各モード(別表記)  
      •  1. 飛翔/成虫 (flying/imago)
         2. 産卵/卵 (laying/eggs)
         3. 脱皮/幼虫 (growing/caterpillar)
         4. 眠/蛹 (sleeping/pupa)
         5. 羽化 (awakening/emergence)

Ambiguity

  • タイトルは「曖昧さ」「両義的な」という意味で、アンビバレンスとは違う言葉という。
  • UTAUの歌唱によるループの箇所は「ことばはうたになって」

border

アルバム紹介



配信・投稿サイト