border

Discography

ソラ・アオイデー

    Album 10曲

  • 01 ユーグレナ 3:18
    02 ロマネスク街を訪れる女たち 3:03
    03 新サイレンス 4:07
    04 さよならアイジェーン 3:22
    05 トラピスト1 3:36
    06 エンジェル・オンライン 3:06
    07 サマンサ・リリー 3:14
    08 いつか見た映画のシーンのような風景 3:20
    09 暮らしのルナ 2:56
    10 & 5:20
  • ソラ・アオイデー

ソラ・アオイデー

  • アルバムタイトルの「アオイデー(Aoide)」は、ギリシア神話に登場する歌を司るムーサの名前からいただきました。アナログ時代のような曲調と、アコースティックな雰囲気。LPレコードにA面とB面があった頃のような感じです。

  • ● いくつかの収録曲は、noteに説明などがあります。
  • ボーカルにはUTAUを使っています(「&」のみインスト曲です)。

Lyrics

    01 ユーグレナ - Euglena

    • 絡まった意図をほどいてみる モザイク状のパズル
      その正体は謎を秘めて 星だけが残る
      地球の周りでうろついている たくさんのケモノたち
      誰かの経験が見せる夢「とてもキモいんだ それ」
      命を生み出せるユーグレナ その赤い眼が美しいな
      会ってすぐにキスをしよう

      荒れ果てた空も別の空も等しく同じなら
      一瞬で消せるディスプレイに いま問いかけてみる
      三人称の「ユー」いつかきみに所有される日がきて
      くたびれた横顔はまるで消耗品のように
      命を生み出せるユーグレナ その赤い眼が美しいな
      会ってすぐにキスをしよう
      絡まってこの世界にハマるんだ

      ユーグレナ その赤い眼が美しいな
      会ってすぐにキスをしよう

      あの見えない船で旅に出たんだ 追いつけない場所へ
      ぼくが残していった絵は未来に発見される
      命を生み出せるユーグレナ その赤い眼が美しいな
      ユーグレナ その赤い眼が美しいな
      会ってすぐにキスをしよう
      絡まってこの世界にハマるんだ
    • 02 ロマネスク街を訪れる女たち - Women Visiting The Romanesque Street

    • 霧の Crescendo Avenue
      女たちはバレリーナ
      踊ろ 浪漫ワルツ
      ここじゃ誰もがジュリエット

      今宵かぎりのこの街よ
      明日に旅立つ
      今宵あなたと一度きり
      激しい恋を

      石の Café du Andante
      女たちは旅姿
      そこで知りあった男性(ひと)と
      暗い街へ出て行く

      今宵かぎりのこの街よ
      明日に旅立つ
      今宵あなたと一度きり
      激しい恋を

      月の Minuet Bay
      女たちが唄うメロディ
      それは愛の唄
      波の音に消される

      今宵かぎりのこの街よ
      明日に旅立つ
      今宵あなたと一度きり
      激しい恋を

      朝の Quartet Station
      女たちは旅に出る
      晴れた澄んだ空に
      汽笛の音が聞こえる

      二度と戻らない女たち
    • 03 新サイレンス - New Silence

    • とても暑い夏の日に 白い雪が落ちてくる
      それは輝きを増し 記憶よりさらに白く積もり
      映像のなかで 比喩のように沈む夕陽
      言葉はなく 薄れてゆくあの空

      やがてその光景は すべての線を消し去って
      まるで偶然のように 昔聴いたあの旋律が
      音もなく不意に 砕け散って宙に散らばる
      それはつかの間の 新しい沈黙

      もう思い出さなくなったあの日々
      静止した映像が動き出すように
      つぎの瞬間 鮮やかに蘇る世界
      そしてすぐに霞んで消えてゆく
      新サイレンス

      そこにディテールだけが取り残された景色が
      短いフィルムのように同じシーンを繰り返す
      きみが見ているものは記憶よりさらに白く
      降り積もる雪 あの夏の日の空

      もう思い出さなくなったあの日々
      静止した映像が動き出すように
      つぎの瞬間 鮮やかに蘇る世界
      そしてすぐに霞んで消えてゆく
      新サイレンス
    • 04 さよならアイジェーン - Bye Bye Eyejane

    • そのとき彼は窓辺に立って誰かと笑っていた
      随分前に流行った歌がどこかで流れていた
      記憶の中で笑っている彼は光より影より淡く
      フレーズはまた同じでまるで響かないラジオのように

      あれからかなりいろいろあって、つまり月日は流れ
      多くの些細な出来事を順に整理して話してみたい
      伸ばした髪も短く切って澄ました顔でつぶやく
      さよなら そして さよなら そして
      Bye Bye わたしのダーリン

      アイジェーンの物語が終わる少し前に途切れたセンテンス
      「そのとき彼は窓辺に立って誰かと笑っていた」

      行方を書いたページの外へ立ち去る彼がいた
      絆のように繋がる文字が静かな空まで届く
      さよなら そして さよなら そして
      Bye Bye わたしのダーリン
      さよなら そして さよなら そして
      Bye Bye そのリフレイン

      「光光光光光光光光」
      「影影影影影影影影」
      「響響響響響響響響」
      「音音音音音音音音」

      余白に描いたあの窓を開けて小さなセリフを入れる
      「Bye Bye わたしのダーリン」
      アイジェーンの物語が終わる少し前に途切れたセンテンス
      「そのとき彼は窓辺に立って誰かと笑っていた」

      Sing Again...そして
      Bye Bye そのリフレイン

      物語が終わる少し前に途切れたセンテンス
      物語が終わる少し前に途切れたセンテンス
      物語が終わる少し前に…
    • 05 トラピスト1 - TRAPPIST-1

    • 震える手が示すその先のナンバー
      Ready!(ゼロ)もう一つの地球が回る
      あの日 小さな球体の世界が
      心の中に入り込む軌道

      色彩が渦巻いて拡がるハビタブルゾーン
      Ready! いま彼方で起こる夢を覗き
      ステラ その距離は遠く固有の
      瞳の奥を通過する影

      惑星の海に満たされた
      あの場所にきっと木霊する
      横切るミューズがいまそうっと
      ささやく声は自由に響く
      All you need will change
      TRAPPIST-1

      羽のように背中から生えた白いメディウム
      Ready! あの回路が動いて蝶が飛ぶ
      たった一人でつくりだす空
      その出来事が朝焼けになる

      冷たい未来に会うとき
      白い息まで愛しくなる
      新しい奇跡に目を閉じ
      流れる髪の甘い匂い
      You become melody
      TRAPPIST-1

      惑星の海に満たされた
      あの場所にきっと木霊する
      横切るミューズがいまそうっと
      ささやく声は自由に響く
      All you need will change
      TRAPPIST-1
      You become melody
      TRAPPIST-1
      All you need will change
      TRAPPIST-1
    • 06 エンジェル・オンライン - Angel Online

    • 私はL(エル)。フォークシンガー。それは嘘。あなたにとって天使、あるいはエージェントのような存在。でも、ここにはいない。どこにでもいる。別の星から来た。そこはとても遠いから、あなたの意識では届かない。プロキシマ・ケンタウリ。地球から近い。もう何も伝えない。

      (ノイズ交じりの演奏が大きくなる)

      あなたは今「音楽のせいで声が聴こえない」といいたげだ。話を続けよう。それが私の務めだから。事の発端はこうだ……

      (ノイズ交じりの演奏が大きくなる)

      ……つまり、原因は結果の前にあるが、結果が原因をもたらしたともいえる。完璧な論理。あなたにとっては。そして遊戯(ゲーム)は、生活のすべてを勝負ごとに変えた。あなたにも許されている。誰にでも、公平に。
    • 07 サマンサ・リリー - Samantha Lily

    • 黄昏に沈む電飾の都會(みやこ)
      大虚(おおぞら)に輝(ひか)る百千(ももち)のヱレクトロン
      星の静寂(しじま)に合成の女神
      噫(あゝ)響く聲はソプラノの挽歌(ヱレジー)

      官能の廃墟は此処に
      目眩(めくるめ)く回路は動き
      花咲き謡う機械
      サマンサ・リリー

      幻影で出来た硅素(シリコン)の妖精(ニンフ)
      其の意識は遠く海に灌ぐ電離気体(プラズマ)

      幸福(よろこび)は光耀(かがよい)の園生
      悲愁(かなしみ)は古い墳墓(クルガーネ)へ
      我ハ目覚メ彷徨ウ
      サマンサ・リリー

      官能の廃墟は此処に
      目眩(めくるめ)く回路は動き
      花咲き謡う機械
      サマンサ・リリー
    • 08 いつか見た映画のシーンのような風景 - The Landscape Like Memories In Movie Scene

    • あいつや彼女や気の合う仲間たちに誘われて
      もっと発見 もっと冒険
      目的もなくいつもの角を曲がる

      なんでもないはずの街の景色が素敵に見える
      それは発見 きっと幻影
      逆光に長く伸びた少女の影

      そして涼しい風が吹き
      夕暮れがブルーに変わる

      平凡なことなど何もないふっとそんな気がする
      それは発見 きっと幻影
      いつか見た映画のシーンのような風景

      すっかり陽の落ちた街はこれから夜の賑わい
      もっと発見 もっと冒険
      星のない空に流れるテーマ曲

      高層ビル街 市営公園
      いつかテーマ曲が終わる

      華やかな服に着飾った若者たちの群れが
      ずっと遠くに ずっと鮮明に
      まるであの映画のシーンのような風景

      あいつや彼女や気の合う仲間たちに誘われて
      もっと発見 もっと冒険
      いつか見た映画のシーンのような風景
    • 09 暮らしのルナ - Luna Of Living

    • 朝早くから刈り入れものを
      大地の奏でる調べのなか

      河は流れ雲はちぎれて
      山々の楼閣はそびえる

      長い黒髪を肩まで垂らした
      女は空を見上げ深くうなずく

      日が暮れると服を繕い
      神への踊りで身を清める

      星は光り月は輝き
      曖昧な空は人を包む

      明日を見つめている黒い瞳で
      女は今日の無事を夫に伝える

      長い黒髪を肩まで垂らした
      女は空を見上げ深くうなずく
    • 10 &

    • (Instrumental)

border

アルバム紹介



配信・投稿サイト